FC2ブログ

感脳小説 悶々劇場
読んで…… 感じて……

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事
--2018-11-- « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

親子ハンター [最終章…やっぱり俺は!]

ブヨ吉が罰ゲームの餌食となった。

嬉しそうにブヨ吉に歩み寄る。


 「さて!お前が罰ゲームだ!」
 「な…何をするんスか?」


親父は、薬箱から何かを取り出した。


 「ジャーン!」


浣腸…三個。


 「ホラッ!その汚いねぇケツを出せ!」
 「自分…ダメっすよ!」
 「ばかやろう!シラけさすな!やっちまうぞ!こんなイベントにゲストに呼ばれて光栄に思えっ!」


シブシブ四つん這いになった…。
情けない恰好だ…。


よかったぁ~。


 「さてと!誰にやってもらうかナ…」
 「オレオレ!」


ドカッ!。
蹴られた…。


 「岩村ちゃん!やってみな…」
 「私…?」
 「そ~だよ…さっきコイツに綺麗なお尻を痛くされたろ?こ~んなに赤くなって…かわいそうにな~」


岩村先生に浣腸を渡した。


 「ホントに…いいのかしら…?」
 「か~まうこたねぇよ!罰ゲームなんだから!」


おずおずと浣腸をブヨ吉のケツに入れた。


 「はうっ!」


ブヨ吉が、床に爪を立ててる。


 「ほれっ!一気にブチュー…っと…」
 「ブチュー…あら…ウフフ…面白い…」


岩村先生…喜んでる。


 「くっ!うが…」


脚をバタバタさせて、苦悶の表情のブヨ吉。


 「真理子先生!美帆さん!楽しいわよ!あなたたちにもさせてあげる」


二人に浣腸を渡してしまった。




真理子先生…。


 「あ…面白い…」


美帆…。


 「キャ!すごいすごい!」


 「ぐわっ!ぐぐ!」


バリバリ床を引っ掻いてるよ。


 「よし!30分我慢しろ!それで終わりだ!」
 「ええ~マヂっスか?」
 「ばかやろう!それじゃ罰ゲームになんねぇだろうが!はい!スタート!」


親父が時計を見てる。
ブヨ吉の、地獄の時間が始まった。


ケチを押さえ、部屋を転げ回ってる。


 「うぐっ!はっ!くうっ!」


みんな、腹を抱えて笑った!。
岩村先生なんか、涙流してるよ!。


そして、残り5分。


 「まだ…まだっスか…?」
 「まだだ…」


身体中から汗と脂が出っ放しだ…。
床が滑りそうだった。


 「あと1分…」
 「ひいっ!ひいっ!」


そして…。
タイムアップ!。


 「おらっ!トイレに行ってこい!」

と言って、ブヨ吉の腹をぶん殴った。



 「ひぇぇー!」


ブヨ吉は一目散にトイレに駆け込んで行った。


 「ちゃんと洗ってこいよ!ダハハー!」


一同!大笑いだ!。


そして楽しいゲームも終わった…?。




いやいや…。
まだまだ!。


俺達は、改めて乱れた。


岩村先生の両方の穴を犯した!。
真理子先生の口に、三人分のザーメンを流し込んだ!。


美帆の口をブヨ吉が塞ぎ、親父が突きまくり、俺の勃起を扱かせた。


三人、ドロドロにしてやった!。
うっとり顔の、三人の女達…。


一晩中やりまくった。


やっぱり俺は、普通には出来ないんだな…。


それでもいいや…。



こっちの方が楽しいよ。



親父…。
あんた最高だよ!。







 「なあ、美帆…」
 「なに?あんっ…」


 「女の子、紹介しろよ」
 「なんで…ああ…アタシに…うん…言うわけ?」


 「うるせーな!俺に命令すんじゃねぇよ!」
 「アタシの事、捨てない?」


 「んなことしねぇよ!」
 「わかった…あんっ!もっと!」



 「あら美帆さん!もう入ってるの?」
 「あっ!岩村先生…」


 「先生より先に!二人とも教育的指導しなきゃ…」
 「後でね!」



 「あっ!もうみんな来てたんですね!」
 「真理子先生!遅かったね!」


 「ブヨ吉さんがしつこくて…」
 「ヤッて来たの?」


こくり…。


 「あなたも指導者としていけないわ!お仕置きしてあげる!」
 「あん!岩村先生…」


 「こんなに出されて…いやらしい真理子先生…」
 「ああん…岩村先生…また…」




…とまあこんな感じになっちまった。



 「おおっ!今日も盛り上がってるな!」
 「あらっ!すごいわね!」


 「朱美さん!早くきなよ」
 「楽しんじゃうわよ!」


 「野郎の数が足りねぇな…ブヨ吉呼ぶか?」
 「賛成!」


慌てて、嬉しそうな顔をしてブヨ吉がやって来た。
汗と脂にまみれて…。



こりゃあ、これからは大変だ!。

もうちょっと計画性を持ってやらないとナ…。




これからもよろしく頼むぜ!。



なあ、親父…。

Fin

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:官能小説  - ジャンル:アダルト

  1. 2010/08/31(火) 00:00:00|
  2. その他
  3.  | コメント:0

親子ハンター [第十章…夜宴]

美帆は悔しそうな顔をして、そっぽを向いてる。


どうせ一回ずつやったら終わりだろうと思ってるんだろう…?。


甘いね…。
俺達はそんなに甘くない。


お前が逃げられないように、しっかり手は打ってあるからよ…。



コイツ、下唇を噛み締めて頑張ってら…。


 「早く…終わらせてよ」


生意気な口だ。
一発脅かしてやろう。


俺は、激しく腰を振った!。


 「あっ!あっ!美帆!出ちゃうよ!」
 「ダメ!中は!イヤッ!」
 「ハアッ!美帆!美帆!」
 「ダメダメ!イヤッ」


あわてふためく美帆!ガッチリ身体を押さえた!。


 「うわっ!美帆!」
 「イヤーーーー!」


俺は、イッたフリをした。


 「イヤッイヤッ…」


マジで焦ってる…。


 「親父!いいぞ…」
 「よっしゃ!」


間髪入れずに、親父が被さる。


美帆…。


たまんねぇぞ!親父のは…。


 「おお~美帆ちゃん…か~わいいなぁ~」
 「やだ…やだよ…あぐっ!」


親父が入って行った。


 「ああー!きつい!きついよ!」
 「くう~締まる締まる!」


ガンガン突いてやれっ!。


 「イヤッ!イヤッ!」


うるせぇなぁ~…。
俺は美帆の頭を跨いで、口の中にぶち込んでやった。


 「ほら…頼むよ…美帆…」


頭を掴み、グイグイとブン回してやった。


 「むが…ぐげ…」


涙流してるよ。
うれしいのかナ…?。


んなわけないじゃん。


 「龍一ぃ~なかなかいいぞぉ~」
 「親父もイッちゃえば?」
 「むがっ!ぐぐっ!」


もがいてる美帆をしっかり押さえた。


そして、親父もイッたフリをした…。


コイツ、バカだからそんなこともわからない。


荒々しく美帆の頭を放り投げ、美帆を見下ろしていた。


親父と二人で…。

ぐったりした美帆…俺達二人がイッたと思いこんでる。
しかし俺達はギンギンだ!。




まだするの?って顔をしてる。
俺達のすごさを見せ付けるための演技だ!。


 「龍一…どうする?」
 「親父は?どうしたい?」
 「ダブル攻撃だ!」
 「よっしゃ!」


二人で飛び掛かるように、美帆を起こした。


四つん這いにして、今度は俺が入って行った。


 「やだ!やだよ!イヤッ!」
 「ほら…美帆ちゃん…ジジイのくわえて~」
 「あっ!い…もがっ!」


前と後ろ…。
親子攻撃!。


こんなの体験したことないだろ?。


 「ああ~親父ぃ~またイッちゃうよ!」
 「なんだ!お前!今日は早いじゃねぇか!」


笑いながら真顔で話す。


そしてまた…。
イッたフリ…。


 「んーっ!んーっ!」


親父に押さえ付けられ、動けない美帆。
また中出しされたと思ってる。


わかんねぇのかよ…。
バカなヤツ…。


そして親父と交代…。
作戦は見事に成功した。


クタクタになった美帆、俺はこのバカ女にサプライズを用意していた。




 「美帆…まだいるんだけど…いいかな?」


俺は親父に合図を送った。
ニヤける親父…手を叩いた…。


ブヨ吉だ…。
また押し入れから出て来たよ…。


タ…タキシードを着てる!。


ずいぶん長くいたせいか、汗と脂まみれになってた。


大爆笑だ!。
は…腹が痛い!。


 「一緒にいたら汗臭くてよ!たまらんかった!」
 「ひどいっスよ!龍平さんが…パーティーって言うから…」
 「まあよ!笑いがねぇと、つまんないからよ!」


親父が豪快に笑う。


驚いてる美帆…。
俺は、美帆に言ってやった…。


 「万引きのお詫びに、店長さんにもやらしてあげてよ…」
 「イヤッ!」
 「店長!嫌だって…」


ブヨ吉も演技派だ!すぐに飛び付いた。


 「けしからん!学校と親に話すぞ!」


…声が上擦ってますけど。
しかも、意味がわからないし…。


 「一回も二回も同じだろ?チンコが変わるだけじゃねぇかよ」


俺はニヤけながら美帆に言ってやった。
親父がブヨ吉を煽る。


 「ホラッ!ブヨ吉!やっちまえよ!オメォの好きな、じぇいけー(JK)だぞ!」


嬉しそうにズボンを脱ぎ始めた。
きったないケツしやがって…。


しっかりギンギンだよ!。
そして美帆に縋り付いて行った!。


半分あきらめ顔の美帆…。


まだまだこれからだよ…。
ブヨ吉が美帆の身体の匂いを嗅ぎながら、呟くようにしゃべってる。




 「言わないからね!言わないからね!」


何て言いながら、美帆を四つん這いにさせた。
嬉しそうに舐めてる。


 「たまんないっ!たまんないっ!」

って、一気に美帆に入って行った。



 「おう!おう!」


まるで、トドがやってるみたいだった。


美帆が俺達を睨みつけてる…。


 「あんたら…絶対許さないから!」


まだ言うか…!。
ちゃ~んと教えてあげなくちゃネ…。


俺達の事…。


 「大丈夫!許すも許さないもないから…」


俺はデジカメを見せ付け、ブヨ吉にやられてる美帆を撮影した。

顔を伏せる美帆!ブヨ吉が、髪の毛を掴んで頭を上げる。


あんた!NICE!。
Vサインはすんなよ!。
ニヤけるなって!。


そのうち、ブヨ吉の腰が早くなって来た!。
美帆が無茶苦茶揺らされてる。


 「あっ!あっ!ああ~」


顔に似合わず、女みたいな声を出しながら、ブルッて震えた!。


 「あはっ!出る出る!」
 「イヤッ…また…」


ブヨ吉は気持ち良さそうな顔をしてイッた…。
しっかり中に出したよ。


あんたもバカだ!。


ブヨ吉が、美帆から離れる…。
美帆はゆっくり起き上がった。
フルフルと震えながら、服を直している。


帰るつもり?。
これからだよ!。
もっと楽しもうぜ!。


すごい形相で俺達を睨み付けてる。


 「先生達にも…言ってやる!絶対許さない!」


親父と二人でまたまた大笑いだ!。



二回目のサプライズ!。


 「美帆…手間が省けたよ…お~い!」


あれっ?。
親父と顔を見合わせた。


あれれ?。


ボソボソ…。

 『龍一…どした?』
 『知らないぜ…アソコにいるはずなのに…』

ボソボソ…、


微かに声がする…。



 『あ…んん…』
 『は…あん…』


なにやってんだ?。


俺は、もう一つの押し入れを開けた…。


いったいうちはいくつ押し入れがあるんだろ?。


 「せ…先生…」


美帆が、目を丸くして、驚いてる。


岩村先生と真理子先生が……。

レズってました。


岩村先生が、真理子先生の乳首に吸い付いてる。
お互いのパンティに手を入れて、かきまわしてるよ。


 「コラッ!なにやってんの!?」


二人を押し入れから引きずり出した。
トロけた顔をしやがって!。


 「ごめんなさい…我慢できなくて…」

と、真理子先生…。


 「私も…あなたたち見てたら…」

と、岩村先生も…。


美帆は、何が起こったのか、わからないって顔をしてる。


 「先生達…なんで?」




真理子先生の乳首を舐めながら、岩村先生が言った。


 「あら…美帆さん、今日はパーティーなのよ…楽しみましょ…」
 「美帆さん…楽しいわよ…真理子もハマっちゃった…」
 「う…そ…」
 「ほら…言ってみなよ…俺達の事をよ!」


すると、知らないうちに真理子先生が、ブヨ吉を誘っていた。


 「たくさん溜まってそう…飲ませて…」
 「いいの?いいの?」


嬉しそうにブヨ吉のをくわえてるよ。


 「お父様…私も…」


岩村先生まで…。
親父に縋り付き、ガッポリくわえてる。


すごい光景だよ。
しばらく眺めていた。


おっ!?。
美帆…。

コイツ、俺のをくわえ始めた…。


 「もう…いい…アタシも楽しんじゃう…」
 「う…う…美帆…」


コイツ、冷静になったら上手いじゃん。


すぐさま美帆に被さり、突きまくった!。


それを見ていた親父が、岩村先生に言った。


 「おおっ!?不純異性交遊ですな!先生!どうしますかな?」
 「後で教育的指導しますわ…ねっ!真理子先生…」
 「はい…あっ!あん!許しませんわ…あっ!」
 「しっかり頼みますよ!ダハハ~」


俺達は入れ代わり立ち代わりやりまくった。




まだまだ終わらない!。

三人を四つん這いにして並ばせた。


目隠しをして…。

親父が話し始めた。


 「『後ろのチンコはだ~れだ!ゲーム』を始めます!イエー!」


一人ずつ入れて、誰が入れたかを当てるゲームだ。


 「声をだすなよ!もし、女が当てたら一万円やる!当てられた男は罰ゲームだ!」


面白そう…。
ええっ!?。
俺、金ないよ!。


このクソ親父め!。
負けられないぜ!。


最初はブヨ吉だ!。


岩村先生の腰を抱え、入れた。
次は真理子先生。
美帆…。


岩村先生の答え。

「龍一」

真理子先生の答え。

「ブヨ吉」

美帆の答え。

「ブヨ吉」


はい!二人正解!一万円!。
真理子先生と美帆に五千円ずつになった。



そして俺の番だ。

一人ずつ…。


岩村先生…。

「ブヨ吉」

真理子先生…。

「親父」

美帆…。

「ブヨ吉」

全員ハズレ!。


助かった~、


そして親父…。


するといきなり、激しくやりはじめた!。


 「オラオラ!」
 「ああー!すごい!お父様!」


 「めんどくせー!」
 「親父!ルール違反だぞ?」


あっという間に岩村先生をイカせやがった!。
続けざまに真理子先生!。


 「ああーっ!ダメぇ~」

イカせた…。


そして美帆…。
気絶してしまった。


 「はい!終わり!」


汚ねぇー!。
まったく!わがままオヤジだ!。

しっかりみんなに金を配ってる。

罰ゲームは?。




 「よしっ!次のゲームだ!」
 「まだやんのかよ!」


調子に乗った親父は止まらなかった!。


 「お次のゲームは!オフェラ耐久レース!イエー!」


このゲームは、あみだくじで相手を選び、フェラで早くイッた奴が負け!。

そんなたいそうなタイトル…いらないよ…。


ノリノリ親父は、早速あみだくじを女たちにやらせた…。


ブヨ吉VS岩村。
親父VS美帆。
俺VS真理子。


そして、男は寝そべり親父の号令を待った。


 「早くイッたヤツが負けだ!女達はどんな恰好してもいいからな!いいか!よーーーい!スタート!」


三人の女が一勢にくわえ始めた!。


うわっ!真理子先生…上手!。

美帆は思い切り口を開けて、親父のをくわえてる。


苦しそう…。


俺がしたかったナ…。


岩村先生は、ブヨ吉のを頭を回しながら飲み込んでる。


まさに『トルネードフェラ』だ!。
してもらいてぇ~。


真理子先生も必死だ!すごいよ!。
舌を巻き付けるように、俺を刺激する。


 「んく…んく…んは…」


ヤバイ…。
ヤバすぎ…。


どんな罰ゲームが待ってるんだ?。
俺は必死に耐えた!。


そして、三人の女達が頭を跨ぐ。

真理子先生…俺の顔を尻で塞いだ。


親父は美帆の尻に顔を埋め始めた。


ブチュ!ブチュチュ!。
またやりやがって!。


 「コラッ!お…親父!汚ねぇぞ!」
 「うっせ!勝つ為には手段を選ばないのだ!」


くわえてる美帆の動きが止まった!。
感じてやがる!。


くっそー!。
俺もやってやった!。


 「あん!龍一く…ん」


二人でナメナメ合戦だ!。

親子でくだらん競争をしてる時だった。


 「ふあっ!ああっ!ああ~」


ブヨ吉だ!。
岩村先生の尻を掴んだまま、のけ反って震えてる。


先にイッたのは、ブヨ吉だった。


 「ブヨ吉さん!お尻痛い…そんなに強く掴まないで…」
 「うはぁ~…」


親父が美帆を放り投げるようにどかした。


 「ハイッ!ブヨちゃんの負け!罰ゲームだ!」


た…助かった…。



一体…どんな罰ゲームなんだよ…。


最終章へ続く…。


テーマ:官能小説  - ジャンル:アダルト

  1. 2010/08/30(月) 00:00:00|
  2. その他
  3.  | コメント:0

親子ハンター [第九章…美帆2]

次の日…。
俺はいつものように、学校に行った。

べつになんら変わりはない。


ただ…。

ほんの少しだけ、美帆に近付いた気がした。

俺はさりげなく教室の自分の席に座ってる美帆を眺めていた。


あれっ?。
目が合ったような気がした。
そっと席を立ち、俺は廊下に出た。


「龍一くん!」


やっぱり…。
美帆が近付いて来る。
校舎の階段に行った。


「どした?」
「龍一くん…あの…」

「もういいよ…美帆が忘れてくれればいいから…」
「ホントに?…ありがとう…」

「ああ…あんな事を話したってオレにはなんのメリットもないんだから…」
「うん…わかった!」


笑顔が戻ってきた。
そして、足早に教室に帰って行った。


もっと!。
もっとこっちに来い!。


油断しろよ!。
ワクワクするよ!。


初めて先生達を、モノにした時より楽しみだ!。


それまで俺は優しい男になっててあげるからサ…。



それから日増しに、美帆との距離が近付いた。


朝の挨拶から始まり、たまに一緒に帰る事もあった。



そして…。
ある日の放課後。


俺はさっさと学校から出た…。
最近相手にしてない、真理子先生や岩村先生がうっとーしい。
無理矢理、合鍵も没収したからネ。


たまらんでしょ!。
散々やってたから…。


特に真理子先生はしつこい!。
どこでもやりたがる。


岩村先生より好き者…だけど、よく言うことは聞く。
ノーパンで来いって言えばそうするし、この前なんか毛を剃らせてくれたよ。

恥ずかしいなんて言いながら、尻の毛まで剃らせてくれたよ。


岩村先生は、すっかり愛人気取りだ!少し厄介…近いうちお仕置きしなくちゃ!。


てな訳で、今のターゲットは『美帆』なわけで、あの二人はスルー。

開放したらまた燃えるでしょ?そんときはタップリ遊んでやるから…。



しばらく歩いていると、美帆が駆け寄って来た!。


「龍一くん、歩くの早いんだネ」
「そうか?」


俺は美帆に誘われ、駅前のマックに寄った。
話があるって…。


内容は…。
くだらん!。


万引きをした理由なんて俺には関係ないのによ!。


まあ…彼氏とうまくいってないってのは、収穫があったナ。


「ねぇ龍一くん、なんであの時スーパーにいたの?」

「ああ…オレん家…あの親父と二人きりだからな…」

「あっ!龍一くんの頭を殴ってたね!」
「いつもあんな感じだよ」


なんか…いい感じだ。


「食事なんかどうしてるの?」
「当番だよ…まあ、オレがほとんどだなぁ…」


なんて、いろんな話をした。
自分の事を話すのは初めてだった。


もっと来い!。
俺を信用して来い!。


それを思うたび顔がニヤける。

そして美帆と別れた。




あれから数日。
学校の帰り道に美帆を見掛けた…。


違う学校の女の子と話をしてる。
なんか嫌な連中だな…。

俺はコッソリ聞いていた。


『やばかった~』
『マジィ~?』

『あのスーパーヤバイから当分行けないよ…』


えっ?。
なんだ?なんだ?。


『でもサ!美帆はよく平気だったネ』
『ラッキーだったよ!クラスメートに助けてもらっちゃったぁ~』


俺の事だ!。


『どんなコ?』
『冴えないヤツだけど…アタシに惚れてるかもね…』


なに?。


『美帆どうすんの?バラされない?』
『大丈夫よ!ヤバそうだったら、一回ヤラせればOKよ!チョロいよ…』

『美帆!やる~』
『まあね!』


ほお~。
やってくれるじゃないの。


一発どころか、二本、三本…しかも何十発もぶち込んでやるよ…。
アソコをグチャグチャにしてやるからよ…。


待ってな…。


面白くなって来たよ。



次の日から俺の作戦が始まった。

あの日に、美帆が万引きした物を机の上に置いた。


初日…ガム。
二日目…ボールペン。
三日目…お菓子。


一品ずつ置いてやった。


動揺してるよ。
知らんぷり…。

チクチクと痛い視線を感じる。
脅迫じゃないよ。
これは『お仕置き』だよ。


多分近いうちにヤツは来る!早く来いよ。


あっけなかった。
放課後、鬼の形相で俺に向かって来た!。


「龍一くん!どういう事?当て付け!?」
「何が?オレは知らないぜ…」

「だって…あれは、私が…万引き…」
「ええっ!?美帆は万引きぃぃ!?」


デカイ声で言ってやった。。

教室がざわめいた。
あわてふためく美帆…。

すかさずフォロー!。


「…してる仲間を何とかしたいんだぁ~」


おもしれー!。
顔がコロコロ変わる。


「みんな!どうしたら美帆の仲間が万引きをやめるか話し合おうよ!なっ!その方がいいよ!」
「えっ!?まあ…そうね…」


焦ってる…。


「オレみたいに、冴・え・な・い男に相談するよりはいいだろ?」

『そうだな!そうだよ!』


麗しいクラスメート…みんなが美帆を囲み始めた。
いろんな意見を言ってる。


困惑顔の美帆…。


俺はその『輪』から離れ、教室を出た。

せいぜい青春してくださいってね!。



そして、久しぶりに真理子先生の尻が恋しくなって、あの非常階段に呼んだ。



「あ…真理子うれしい…」


先生のスカートに潜り込んで、後ろから吸い付いてる。
真理子先生は腰をくねらせながら喜んでる。


「先生…いっぱい溢れてるよ…」
「うん…誘われた時から濡れちゃった…ああっ」

「先生も好き者だね」
「あなたたちのせいよ…あんん…」


俺の口の周り、真理子先生のでビチャビチャだ。


「先生…行くよ」
「あ…今日、危ない日なの…」

「じゃ…こっち?」
「うん…ごめんなさい」


謝ることないのに…。
イタイ女だ…。

最初からそのつもりだったから…。

俺は一気に、真理子先生の尻を犯した。


「あっ!あっ!り…龍一くん!熱いの!いっぱいちょうだい!」
「うん!たくさん出すからね!」
「うれしい!あんん」


ひとしきりやって、満足した…。



そして閃いた!。
美帆の料理の仕方!。


またワクワクだよ!。



美帆…。
お前を新しい『天国』に連れて行ってやるからよ。



案の定、美帆から連絡があった。
俺に話があるって…。

もちろんOKした。
わざわざ俺ん家に来るって…最高だよ!。


段取りはすべてOK!。
俺は美帆を待った。



ほどなくして美帆がやって来た。
しおらしい顔しちゃって…。



演技だろ?。
手に取るようにわかるよ。

ちゃんと来たお客様には、それなりのおもてなしをしなくちゃネ!。


お茶とお菓子を出した。
お菓子は、やっぱり美帆が万引きしたヤツと同じヤツにした。


イヤミ満天のおもてなしだ。


俯きながら、美帆は話し始めた。


「もう、やめて…」
「何をさ…あれはオレから話したわけじゃないぜ」

「龍一くんがバラすなんて言われたら…夜も眠れない…」
「だから言わないって!美帆があんな事を言うからだろ?」


何を言ってんだ?。
あんまり頭良くねぇな。


意を決したように、美帆が立ち上がった。


「龍一くん…約束して…」

「ああ?」

「絶対…誰にも…言わないで…そしたら…」


美帆が、制服のリボンを外していった。
ブラウスのボタンを、一つ…二つ…。

俺は、その様子を眺めている。
明美や岩村先生みたいにエロくないブラジャーが見えてきた。


美帆の顔、『どうだ!』って顔をした。
見逃さなかった。


「一発やらせて…何だっけ?」


ドキリとした顔になった。心の中で大笑いだ!。


「聞いてたの?」
「しらねぇよ!お前またどっかでなんか言ってんのか?」

「……」
「頭ワリィな!お前…自分から泥沼にハマってるよ」


くやしそうな顔をしてやがる。
真っ赤な顔をして、服を脱ぎ捨てた!。


「やらしてあげるわよ!だから、言わないで!こんなチャンスないでしょ!?私とやりたがってる男子なんかたくさんいるんだから!」


出たっ!。
コイツもイッてる。


「口止めか…」
「そ…そうよ!早くやろっ」

「『してください』って言えよ…」
「えっ?」

「『私を自由にして…忘れて下さい』ってよ」
「なによ!何様のつもりなのよ!童貞のクセに!」

「何様?龍一様だよ」
「やるの!?やらないの?」


イラついてる顔が…またイイ!。


「美帆…足りないんだよ」「何がよ…」

「オレだけ口止めされてもなぁ~」
「他に誰がいるのよ!」


俺は、手を叩いて合図を送った。


「目撃者さ~ん…いらっさ~~い」


何事かと美帆が驚いてる。


「ヒャホー!目撃者2です~~」
「こっちの方がタチが悪いもんで…」


親父は相変わらず大喜びだよ…。
でも、なんでいつも押し入れに入るんだ?。
普通に出てこいよ。


「お父さんにしゃべったの?」
「お前…ホンットにバカだな!わかってたからあの店長を連れ去ったんだろうが!」


美帆は言葉を失った。
いや…失敗したって顔をしてた。


美帆…。
後悔させてやるからな。
そんな態度は二度とさせないからよ…。




俺は、美帆の後ろに廻り胸を掴んだ。

つい最近まで憧れていた女の子の胸。
先生達より張りがあって、なかなかイイ感じだ。


ブラの上から、ゆっくり揉んだ。

カップの上から、乳首が硬くなっていくのがよくわかる。

つまんで、こねた。


「くっ…」


小さく声を漏らした。
感じてんじゃん!。


親父はニヤニヤして見てるよ。
親父にサービス!。

ブラジャーをめくって、見せてやった!。


「うほ~!うら若き乙女のパイオツ!たまんねぇ~」


パイオツ…。


いつの言葉だよ!。

直接、美帆の胸を揉んだ。
身体の力が抜け落ち、腰が落ちて行った。
ヘタリ込んだ美帆の脚を、親父が開き、覗き込んでる。


「龍一ー!たまらんぞ!」


ホンッとにガキみたいだな!。


少し我に返った美帆が、抵抗し始めた。


「イヤッ!止めて!」


脚をバタつかせ、暴れ出した!。


「親父!そっちの口を塞げ!」
「おう!…コラッ!お父様に向かって命令すんな!」


何て言いいながら、美帆のパンティを剥ぎ取った!。

「おほ…か~わいいオ○ンコだなぁ…」
「うるさい!やめろっ!クソじじい!」


美帆…。

顔のワリにきつい言葉を吐いた!。


その一言で、親父に火がついた!。


「じじいのナメナメは最高だぜ~」
「イヤッ!いやだよ!」


涙目だよ…。
この瞬間がたまらない!。


「いっただきまぁ~す」


ブチュ~~~。
っと吸い付いた。


「イヤーーー!やめてー!」


俺は美帆の膝をもっと拡げて、親父を手伝ってやった。


「イヤイヤ!やめてー」


お前がやっていいって言ったんだろ?。
大丈夫…だんだん良くなるからよ…。


俺達親子の攻撃が続いた。
次第に美帆の力が緩くなって来た。


声も出始めた。

そろそろだな…。


「おいっ!龍一!行けっ!」
「おう!」



俺は、美帆に被さり勃起をあてがった。


「美帆…行くよ…」


何も言わずに脚を開いた。
一気に入って行った。


うわ…。
先生達とやっぱり違う…。
年齢が違うと、こっちも違うんだ…。
キュッキュッと締まる!。


親父…。
たくさん楽しもうぜ!。


さあ…。
これから、最高のパーティーの始まりだ!。


第十章へ続く…。



テーマ:官能小説  - ジャンル:アダルト

  1. 2010/08/29(日) 00:00:00|
  2. その他
  3.  | コメント:0

親子ハンター [第八章…美帆1]

ふう…。

疲れてるな…。


俺は連日のエッチで、寝不足だった。


親父はタフだよ…。


俺も身体を鍛えなくちゃ。

それに、先生二人…そーとー好き者…いやいや…好き者にさせた。


目つきが変わったもん。


岩村先生は他の男子生徒の見る目が変わった。
真理子先生は、服の露出度がアップしてるし。


最近仲間が噂してるよ。


なんかあったんじゃないかって…。


俺達親子のおかげだよ!。

感謝しろよ!シコッ太ちゃん達。



まあ…そんなこんなで、最近飽きてきた。


そりゃそうだろう…。


俺は親父みたいにたくさん相手がいないからな。
ほとんど違う女を相手にしてるよ。


いいなぁ~…。
…なんて、最近思うようになってきた。


めずらしく、冷静に考えてた…。
そして、少しブルーになって家に帰った。


「ただいま…」
「あら…お帰りなさい…」


朱美が来ていた。
また親父と一戦交えたナ?。


相変わらずあられもない姿ですね…。
終わったばかりか、ウットリ眼でビールなんか飲んでるし…。


「龍一くん、どしたの?元気なさそうネ…」


ドキッ!。


フラフラ俺に近付いて来た。
いつも見てるけど、やっぱり色っぽいナ…。


完璧に親父好みだよ。


そして、俺の股間を触り始めた。


「お姉さんが、元気にしてあげよっか?」
「お姉さん?じょーだんはよし子さんでしょ?」

「あっ!ムカつく!まったく!イーッだ!」


とまあこんなやり取りができる関係になった…。


バスルームから親父が出てきた。
朱美のビールを奪い取り、一気飲みしてる。


「おう!帰ったか!朱美とやってるかと思ったぜ」
「龍一くん…あたしの事、おばさんだって…」

「そうじゃねぇか!ま…可愛いおばさんだがなぁ…ダハハ!」
「あーっ!親子でムカつくぅ~アハハ!」


訳のわからない人だよ。
そういうところがいいんだうな…多分。


グイグイとビールをあおった親父が、話を始めた。


「龍一!そろそろ新しい女が欲しいな…」
「あたしの前で言うな!」

「うるせ~な~!いいじゃんかよ~」


他の女には見せない顔だ。
結構好きなんだな…。



俺も親父とこんな事してるけど、やっぱり好きな女くらいいるんだ。

これがなかなか…。

どうでもいい相手なら何とかできたけど…。


好きな女だとちょっと…。

親父には、この事は言ってないんだ。


でも、やりたい!。
その娘の名前は…。

『美帆』
クラスメートだ。


彼女はクラスの男子にも人気があって、頭もいい。
爽やかな笑顔で、いつもみんなの輪の中心にいる。


俺も話をするけど、結構意識しちゃって、あまり言葉が進まないんだ…。

参るよ…。

最近は、特に意識するようになってしまった。

あの淡いピンクの唇を塞いで、ふっくらした胸を掴み、脚を強引に広げてぶち込みたい!。


あぶないな…オレ…。

だけど…誘えないんだな…情けない…。
何か、ネタでもあればな…。


ムラムラして来た!。

授業が手につかなかった。


俺は、仮病を使って保健室に行った。

そして、先生を呼び出した。


『先生…オレ、したくなったゃった…どっちか早く来てよ…今、保健室だよ』


と、二人に同時にメールをした。

天井を眺めて待っていた。


どっちがくるかな?。


カラカラ…。
来たっ!。

どっち?。


「龍一くん…私よ岩村、いるんでしょ?…」


嬉しそうな顔をして、抱き着いてきた。


「私は、あなたの担任なんだから…真理子先生は呼んじゃダメ…ネッ?」
「真理子先生は?この時間は空いてるはずなのに…」


岩村先生はニヤッと微笑み、俺の耳を噛みながら言った。


「知らなくていいの…早くスッキリしましょ…」


まあいいや…。


岩村先生の顔を、美帆にダブらせた。

目茶苦茶に唇を塞ぎ、胸を掴んだ。


「せっかちネ…あん…でも、今日はちょっとちが…ああん…」


そりゃそうだよ!俺は『美帆』とやってるんだ。
そのつもりでやってる。


俺は、想像の美帆に甘えた…。
派手なブラジャーを外し、硬くした乳首にしゃぶりついた。


「あ…龍一くん…もっと…強く吸って…あん…」


揉みながら乳首をつまみ、激しく吸い付いた。


「噛んで…乳首…ああ…そう…」


本物の美帆はどんな顔をするんだろ?。
しっかり濡らしたパンティの中に手を入れた。
グチャグチャにかきまわしてやった!。


「あっ!すご…すごい!」


どんどん溢れてくる。
指がふやけそうだ!。


パンティを引きはがし、先生の脚を広げて、ビチャビチャになったところをじっくり見た。

美帆のは…。
こんなのかナ…。


「あ…龍一くん…恥ずかしいわ…」
「よく言うよ…いつもされてんだろ?」

「でも…」
「もっと恥ずかしがることしよっかな?」

「えっ?」
「四つん這いになって…お尻の穴拡げてよ…」

「また…するの…?」
「早く!見せろよ」


岩村先生はこういう命令が好きだ。
恥ずかしいと言って、かなり喜んでる。


そして、俺の前にデカイ尻を向けた。
細くて白い指が、尻肉に食い込む。


キュッ!と力が入った。

俺が散々ぶち込んだ尻穴が開いた。


「これでいい?」
「うん…綺麗だよ…先生」


またまたじっくり…。
そして、美帆を想像した。
時折ヒクヒクと尻穴が動く…。
たまらない光景だ。


「まだ?」
「まだまだ…そのまま」


俺は開いた尻穴に、舌を差し込んで行った。


「あ…いやん…」
「ダメだよ…しっかり開いて!」

「だって…龍一くんの舌、いやらしい…」
「太いの入るくせに、何言ってんだよ!」


構わず、奥まで差し込んで行った。


「いや…き…汚いから…」「俺は構わないよ…」

「ああっ!ああっ!」


散々舐めてやった!。
真理子先生の方がよかったか?。


まあどっちも同じだな…。

そろそろ…出したくなった。
岩村先生をひっくり返して、入って行った。


「あう…あん…硬…い」


ベッドを激しく揺さぶる!岩村のデカイ胸がブルブル揺れてる。

俺は、心の中で何度も美帆の名前を叫んだ。

岩村先生の声がノイズになってる!。


うるさい!。


脱がせたパンティを、先生の口に突っ込んだ!。

これで妄想にふけることができる。


興奮した!。
最高に興奮した!。


岩村先生にしがみつき、奥まで!。
久しぶりだ…。
こんな射精感…。


岩村のそこから、吹き出すように、溢れ出た。


「うう…あふ…」
「ああ…ハアッハアッ…龍一くん…」


しばらく岩村…いや、想像の美帆に抱き着いていた。


「たくさん出したネ…よかった?」
「ああ…」


そして、いつものように先生を帰した。


「また…呼ぶのよ…」


あつかましい女だ!。

岩村先生は、少しフラつきながら保健室を出て行った…。


あっちはスッキリしたけど…気持ちがスッキリしない。
女に惚れるって、こんな感じなんだな…。


そして俺は、仲間から嫌な噂を聞いた。
俺にとって、一番嫌な噂だった。



美帆には、年上の彼氏がいる…。


ショックだった…。


そのうち、俺の心がモヤモヤしてきた。

そっか…男がいるのか。

ふ~ん…。


そして歪んだ俺の…。
いつもの俺になっていった…。


美帆を新しいおもちゃにすればいい…。
こういう考え方…やっぱり親父の『血』かもしれないな。



そして俺は、計画を練った…。
こういう事は得意なのに、やっぱり俺は歪んでる。

構うもんか…。



そして、思わぬ幸運に巡り会った!。


いくら考えても、いいアイデアが浮かばなかった。

しかもその日は、俺の当番で、近くのスーパーで買い出しの日だった。


夕方のスーパー…。
時間割引とかで、主婦やババアでごった返してる。

俺は、買い出しが苦手だ。主婦に紛れて、安い物を選んで…。
多感な学生のすることじゃないだろう?。


店内がざわめく、そろそろタイムサービスの時間だ。


『ご来店のお客様!お待たせ致しました!これからタイムサービスの…』


来た!。
ババア達の波に押され、俺もそこに行く。
あれよあれよという間に、商品がなくなる。


あれっ!?。
俺は人だかりの外れに、あの『美帆』を見付けた。

ほんの少し気を許した時に、俺は押し出されてしまった。


「美帆…?」


俺は彼女に声をかけようと、近付いて行った。


「お~い…美…」


あいつ!。
やりやがった!。


自分のバッグに、ガム、化粧品なんかをヒョイヒョイ入れてるよ。

俺は止めようとした…。
しかし、ババアの砦を越えられない!。


行っちゃうよ!。
買い物カゴを放り投げ、俺は美帆を追った!。


出て行っちゃった…。


まずい!。
まずいよ!。


スーパーを出て、辺りを見渡した!。


いた!。
あっ!。

スーパーの店員!いや!最近新しく来た店長だ!。
汚いくせ毛、油ギッシュな顔…ニヤニヤして美帆に近付いてる!。


危ない!。

俺はダッシュで走った!。

間一髪!。
美帆の腕を掴んだ。


「おい!美帆!約束の時間過ぎてんぜ!早く行こう!」
「なんだお前!?」


いかにもスケベそうな店長が、真っ赤な顔をして怒ってる


「なんスか?こいつオレの彼女なんスけど…なんかやりました?」
「ああ?こいつはさっき…」


なんて言いかけた時。


「お~い!龍一!コラッ」


親父だ…。
俺の頭を小突いた!。


「おせぇから腹へっちまうだろうが!…あれっ?オメェ…」


店長の顔が青くなってる。

知り合い?。


「なんだ!ブヨ吉じゃあねぇか!今度はこっちか?懲りねぇな…」
「あっ!龍平さん…いや…あの…」


俺達は呆気に取られていた。


「コイツよ…ブヨ吉っていうんだ…このやろうスケベでよ!万引きした主婦をやりまくって前のスーパーをクビに…」
「止めて下さいよぉ~」

「で?うちのガキになんの用だったんだ?」
「えっ?龍平さんの息子…さん?」


やった!。
親父!頼むよ!。


店長オドオドしてる…親父の昔の仲間だった。


「いや…あの…息子さんじゃなくてその…」
「彼女か?可愛いじゃねぇか!」

「そうじゃなくて…」
「かぁ~!じれったい!よし!飲みに行くぜ!ブヨ吉おごれ!」


そう言って、強引に連れ去ってしまった。
親父はピースサインをして拳を振り上げた。


助かった…。
俺は、美帆を救った。


「あ…ありがとう…龍一くん、この事は…あの…」
「大丈夫…言わないよ」


ホッとした顔の美帆。
俺は心の中でニヤけていた…。


美帆…。

あんた…とんでもない『悪魔』に捕まったんだぜ…。


そして俺は、優しい男になった…。
しっかりいただく為にね…。


「今日の事は忘れなよ…送っていくから…」


そして美帆を送って行った。
素直に家に帰した。


部屋に帰って、俺は笑いが止まらなかった!。
心が躍った!。


♪♪♪♪♪♪…。

タイミングよく親父からのメールだ。


『近いうち、あのキュートガールをゲットしなさい!さもないとパパは怒っちゃいます!このメールは読んだ後…一分後に消滅する(+_+)』


相変わらずアホなメールだ…。


わかってるよ…親父。
そう時間はかからないさ…。


カチャ…。


「なにがおかしいの?」
「うわっ!真理子先生!」


いきなり俺の部屋に入って来た!。


結局二人か…。


「ひどい!なんで私だけ呼んでくれないの?」
「どっちでもよかった」


切ない顔をして、俺に縋り付いてきた。
素早くズボンから俺の勃起を掘り出し、くわえてる。


「先生…オレこれから出かけるんだけど…早く済ませてくんない?」

ウソをついた。


「ごめんなさい…真理子たまらなくて…」


さっさとパンティを脱ぎ捨て俺に跨がり、腰を振ってる。


「あっ!あっ!」


一生懸命腰を振る先生を見ながら、心の中で呟いた。


あんたら…もういいや。

飽きちゃったよ…。



第九章へ続く…。

テーマ:官能小説  - ジャンル:アダルト

  1. 2010/08/28(土) 00:00:00|
  2. その他
  3.  | コメント:0

親子ハンター [第七章…嫉妬?]

盛り上がった親父の誕生日から数日…。


あれから、岩村先生と真理子先生がしょっちゅう俺ん家にくる。

俺に対する態度が一変した…。


クセになったらしい。


そして…。
昼休み、俺は岩村先生に呼ばれた。


「なんスか?」


少しモジモジしながら、話し始める。


「今日も…お父様はいるかしら…」
「多分、いますよ」


そっと俺に近付き、耳元で囁いた。


「今日…あなたの家に行くわ…いい?」
「構わないですよ…」


顔を赤らめて微笑む。


しおらしい顔だ。

俺は、先生のスカートに手を突っ込んだ。


「あ…」


パンティの上からでも分かる…。
しっとりしてるよ。


「龍一くん…ダメ…あ…」

「たまんないんだ…?」

「だって…あん…」
「センセ…いちいち俺を呼び出さなくていいから…」


と、いつでも来れるように、合鍵を渡した。


「いつでもどうぞ…」
「……」


うれしそうな顔しやがって…。


「あ…りゅ、龍一くんも早く帰って来て…あっ…」
「うん…エッチな下着で来て…親父、喜ぶから…」


コクリと頷いた。


「それじゃ…失礼します」


俺はその場から立ち去った。


「腹へったよ!まったく!学食終っちゃうよ」
俺は、急いで学食に向かった。


「龍一くん…」


なんだよ!。


真理子先生だ…。
俺を待っていたらしい。
腕を掴まれ、非常階段に連れて行かれた。


誰も気が付かない、静かな場所…。


「なんスか?オレ腹が減って…」
「ご…ごめんなさい」


少しイラついてた…。
どうせ俺ん家に行きたいんだろ!?。

めんどくさいから、真理子先生にも合鍵を渡した。


「じゃ!」
「待って…!」


おいおい勘弁してくれよ…。
俺に包みを渡した。


「お弁当…」


中にサンドイッチか入ってた…。


「いいんですか?」


小さく頷いた…。
そして、スカートをスルスルと上げ始めた。


ピンクのパンティ…。
相変わらず可愛いらしいヤツを履いてるよ。

後ろを向いて、手摺りに掴まり、尻を向けた。


「ここで…したいの…」
「ヤバイっスよ」

「大丈夫…だから…お願い…」


プリプリと尻を振って、催促してやがる。

俺は、先生からもらったサンドイッチを食べながら、その姿を眺めてた。


「お願い…」


そう言いながらパンティを脱ぎ、拡げてる。


「最近、綺麗にしてるネ」

「だって…お父様…嫌いかと思って…龍一くんも、キライ?」

「そんな事ないっスよ…親父も『真理子ちゃん真理子ちゃん』て言ってるでしょ?」

「岩村先生に…負けたくないの…」
「はあ?」

「だから…今日…行っていい?」


なるほど…。
これはおもしろい…。


「いいっスよ!」
「考えてたら…おさまらなくて…早く…」


白くてムチムチの尻を見てたら、興奮して来た。
俺は、先生の尻を掴み、開いた…。


「あ…風があたる…」
「先生…すごいや…」

「うん…龍一くんので塞いで…」
「それじゃ…もっとお尻を突き出してよ」

「はい…これでいい?」
「行くよ…」


溢れるくらい濡れた先生の中に入って行った。


「ああっ!イイッ!」


サンドイッチをくわえながら、先生を突きまくった。


「ああっ!今日も楽しみ!ああっ!」


えらい変わりようだ…。
今夜も4Pだ!。


「ああっ!もっと!」


その途中で、抜いてやった…。


「イヤッ…もっと…」
「お楽しみはとっとこうよ…」

「いやん…」
「うるせぇな…岩村先生は聞き分けいいぞ…」


黙った…。
こりゃ楽しい…。


「今日は先生を『二人占め』だよ…だから我慢して……わかったかよ!?」
「ごめんなさい、怒らないで…わかったわ」


そのままほっといて、俺は教室に戻った。


「あっ!先生、ごちそうさま!助かったよ」


笑いが止まらなかった。
俺は、親父に連絡を入れておいた。


お楽しみだな…。
親父…。



少し遅く家に帰った。
どうしてるかナ…。


そっと親父の部屋に耳を傾けた。


おっ!?。
やってるやってる…。


『なんで、真理子先生が来てるの?』
『岩村先生こそ…』


いがみ合ってる。
親父はベッドに腰掛け、ギンギンにさせて、ニヤついてた。


『今日は私が…』
『ああん…ダメ…最初は私から…』


親父のを欲しがってるよ。


『ホラホラ二人とも、ケンカすんなって…まったく龍一はまだ帰って来ねぇ~』

俺は頃合いを見計らって部屋に入った。


「コラッ!龍一!おせぇよ!」


「龍一くん…どういう事?真理子先生も呼ぶなんて…」
「私も…三人でって…」


「あれぇ~そうだっけ?」しらばっくれてやった。


「まあよ、どうでもいいじゃあねぇか…さて、どっちから可愛がっちゃおうかナ…」


親父には関係ないみたいだな…。

すると、岩村先生が親父の前に立ちはだかった。


「今日、こんな下着なの…どう?」


スカートをめくって、親父の目の前に晒した。


「おお!これは…先生らしからぬ、はしたない下着ですな…」
「お父様は好きですか?こんなの…」

「たまりませんな!早くそのいやらしい中身が見たいもんだ!」
「いいですよ…脱がせて…隅々まで見て…」


それを聞いた真理子先生も黙っちゃいなかった。


「いや…私も…」


勢いよく立ち上がり、パンティをずらして、親父に尻を向けてる。


「今日も…綺麗にしてきました…」
「おお~真理子ちゃん!いいねぇ~龍一!オメェも来いや」
「おう!」


女二人、いやらしい恰好で並んでる。
親父はどっちからやるかな?。


余裕の岩村先生、恥ずかしそうな顔の真理子先生。
どっちもそそるな。


校長に見せ付けてやりたいよ!。
きっと、卒倒しちゃうかもね!。


親父は、わざとらしく腕を組み、品定めをしてる。


「よっしゃ!」


と言って、岩村先生の腕を掴みベッドに…。


「あん…うれしい…」


真っ赤な顔をして、喜んでる。
悔しそうな真理子先生…切ない顔になってる。

誇らしげな顔をして、真理子先生を見下ろす岩村先生…。


女の闘いの始まりか?。


俺はじっくり観察することにした。
何とか間に入りたいみたいだ…。

四つん這いになって、尻を突き出してる岩村先生…。

親父がゆっくり脱がせて行く…。


「くう~っ!岩村先生…相変わらずいやらしいオ○ンコだなぁ~…」


そして、噛り付くように吸い付いた。
わざとらしく、ビチャビチャ音をさせてる。


「ああっ!イイッ!奥まですくって!」


そちらもわざとらしく言ってる。

二人の行為を見ながら、真理子先生はオナり始めた。


「まだ?まだ?真理子…たまんないです…」


グチュグチュって、もうすげぇ音をさせてる。

少し離れて観るとおもしろい光景だ。


そのうち親父らは、お互いにしゃぶり始めた。
岩村先生…がっぷり親父のをくわえこんでる。


「あ…あ…美味しそう…あっ!あっ!」


そんな光景を見た真理子先生は、俺の腰にしがみつき、ズボンに手をかけた。


「龍一くん…しよ…」


俺は、真理子先生を突き放した…。


「親父の代わりはいやだな…」
「そんなこと…」


俺は親父に言った。


「おい…早く代われよ!」
「うるせぇな…岩村ちゃんが離れねぇからよ…」
「ダメです…私が搾り取るんだから…早く!もっと」


ありゃりゃ…。
ハマってるよ…。


こっちは…切ない顔をして待ってます。
それじゃ…。


「真理子先生、可愛いお尻見せてよ…」
「うん…」


四つん這いになって、パンティを脱がせた。
俺は、真理子先生の尻を掴んで拡げた。


「あ…い…や」
「ほら親父!真理子先生さ親父のために綺麗にしてきたんだぜ!」

「いやいや…言わないで…」
「そういえばそうだな…」


親父もわかってる、俺にウインクをしてる。
俺は、さらに真理子先生の尻を開いた。


「いや…龍一くん、恥ずかしい…」
「ホントに先生のお尻の穴は綺麗だね…」


ペロリと舐めた。


「あう…いや…」
「恥ずかしがる事ないじゃん…真理子先生…」


そう言いながら、親父とニヤけた。


「おお…真理子ちゃんいいねぇ~たまらんな!」


「ダメ…お父様、私のを見てて!いやよ」


岩村先生が親父の顔を、デカイ尻で塞いだ。


「うるせぇな!」


出たっ!。
岩村先生を放り投げ、真理子先生のところに来た。


「真理子ちゃん…ゴメンな…」


わざとらしく、真理子先生の尻を撫で回してる。


「いや…私は?」
「うるせぇなぁ~わがままな女はきれーなんだよ!俺は平等に扱うのによ!気分わりい」


今度は岩村先生が切ない顔になっちゃった。
しかし、ダメージは岩村先生だ…。


さっきまで気持ちよかったからな…。
途中で止められたらたまんないだろ?。


そんな岩村先生を無視して、親父は真理子先生を後ろから犯してるよ。


「ああっ!ああっ!焦らされたから…すごくいいです!真理子…たまんない!」

「そうかい?それじゃ!」

「先生…オレもいいかい?昼間の続き…」
「あっ!お口でいい?」


『お口』…すっげぇいやらしい響きに感じた。

ガッポリくわえこまれた。


「真理子先生…あなた、学校で龍一くんと?」


そういう岩村先生を横目に、真理子先生は勝ち誇った顔をして、岩村先生を見てる。


「あの階段でやったんだよね?センセ…」


岩村先生…泣きそうな顔をしてるよ。


「親父!岩村先生かわいそうだよ…」
「お前がやってやれよ!」
「あいよ…」


立ち上がり、岩村先生に近付く。
嬉しそうにトロけやがってよ…。


俺は、グルリと岩村先生を後ろに…。
思い切り尻を開いた。


「先生は…こっちね」
「また…お尻の穴?いや…」

「真理子先生は大好きだよ…」


ウソ…。


「普通にして…」
「中に出してもいいの?」
「……」
「なら…行くよ」

「いや…」
「めーれーすんじゃねぇよ!俺のガキ孕みたくねぇだろぉが!俺はいいけど…」


少しためらった顔をしてる?。


違うな…。
目が嬉しそうな顔をしてるよ。
俺は、岩村先生の尻を、ギュッと拡げた。


「先生のお尻の穴…何回やっても気持ちいいよ…」
「早く!先生のお尻を犯して!」


切ない顔をしながら、真理子先生を見てる。
わざと言ってるよ。
俺は、一気に岩村先生の尻に入った!。


「真理子先生、あなたにできる?私はここでも大丈夫なのよ!」


親父にやられながら、真理子先生が岩村を睨んでる。


「お父様…私の…真理子のお尻の穴も…」
「いいのかい?真理子ちゃん…たまらんなぁ~」


親父はまたもや大喜び!。真理子先生のムチムチした尻を開いた。


「真理子ちゃんの処女!いただきま~す」


しっかり舐めて、指でほぐして…入って行った。


「うあっ!あく…」
「おほ…ギリギリ締まる…真理子ちゃん…最高だ」

「ああっ!真理子のお尻…いっぱいです…」


俺も試したくなっちゃったよ!。


「親父!俺にもやらせてくれ!」
「また?イヤよ!私でイッて!」


まただよ…俺は、岩村先生の尻をひっぱたいた!。


「痛い!」
「だからよ!わがまま言うなって、親父が言ったろうが!」


ズッポリと引き抜き、親父と代わった。

二人並んで、二人の女の尻を責めた!。
最高に楽しい!。


親父!楽しいよ!。
ある意味俺は、あんたを尊敬してるよ。


「龍一!今日はアナルパーティーだナ!ダハハ!」


あんた毎日『エロパーティー』じゃん!。


そして、また寝不足になっちゃったよ…。



第八章へ続く…。

テーマ:官能小説  - ジャンル:アダルト

  1. 2010/08/27(金) 00:00:00|
  2. その他
  3.  | コメント:0
  次のページ >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。