FC2ブログ

感脳小説 悶々劇場
読んで…… 感じて……

ホーム 管理画面 ファイルアップ 新規記事
--2018-09-- « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誘い妻 [最終章…快楽の果て]

二人でリビングに行った。
なだれ込むようにソファに身体を投げ出した。


「いいよ…」


脚を開いて待ってた。


肉棒を握って彼女の上に乗った。


「千夏ちゃん!」


根元までいっぱいに入れた。
乳首を舐めたり首筋を舐めたりした。
犬のように彼女の身体を舐め回した。

彼女の身体を舐めながら、腰を振って快感を求めた!。


「いっぱい出してね…」


彼女の言葉に興奮して無我夢中になった。


「あっ!んっ!いい!いいよ!もっと突いて!」
「千夏ちゃんの締まってきたよ」


キューっと締めてきた。


「ああっ!私…イキそ…」


目一杯腰を振った!。
千夏の身体は、ビクビク震え始めた。


「あっ!あっ!俺も出るよっ!出していい?」
「うん…ああっ!たくさんちょうだい!ああっ!」


まただ!。
さっきみたいにキューッと締め付けてきた!。


「あっ!…はあぁっ!」
「あっ!んっ!イ…ク…」

千夏は身体を震わせ、硬直した!。

二人同時に果てた…。


二回目の爆発…。
彼女の中に吐き出した。


彼女に抱き着いた。

つながったまま、二人で抱き合ってた。





ヌルン…。


力無く彼女から抜けた。


それでも、貧るように唇を貧り合った。


「千夏ちゃん…好き…最高だ…」
「そうだったの…ありがと…」


ここぞとばかりに、思いをぶちまけた。
わかっているけど、たまらなかった。


千夏は、まだおさまらない俺の勃起を優しく握った。。


「元気ダネ…」


そして、口に含んでくれた。


「あ…う…」


みるみるうちに、彼女の口の中で復活してきた。


「んっ!ふっ!」


鼻から息を吐きながら、喉の奥まで飲み込んでいる。

舌を絡ませ、いやらしい顔をして俺の勃起を弄んでいた。


「お…ああっ…」
「んふ…またできるね」


と言って起き上がり、四つん這いになった。

振り向き、俺を見ながらまた誘ってくる。


「後ろから…したいんだよね…来て…」


俺は彼女のお尻にしがみつくように入って行った。


腰をぶつけるたびにお尻が揺れる。


「感じる!イイっ!」


彼女はこんなにいやらしいんだ!。


ちくしょう!。


やっぱり友人が羨ましかった。


「すげぇ気持ちいいよ!千夏ちゃん!」


ガンガン腰を振った!。

彼女の息が荒くなってきた


「あっあん!もっと突いて!突いて!」


狂ったように、彼女を揺さ振らせた!。

思い切り鷲掴みして、お尻に爪が食い込むほど力を入れていた。


「もっとして!もっと!」


彼女が締めてきた!。


気持ちいい!。


「あっ!もっとよ!犯して!ああっ!」


ますます盛り上がって行った!。


奥へ!奥へ!。
深く深く彼女の中に入って行った!。

千夏の身体が、どんどん押されて、前に出て行く。


「ああっ!ああっ!すごい!すごいよ!」


俺は彼女を道具のように、振り回した!。
千夏は髪を振り乱しながら、息を切らせて喘いでいた!。


「あっ!あたし、イキそ…あっ!イ…」


ソファのひじ掛けを掴んで、必死に耐えてた。


「出して!出していいよ」


やだ!。
まだまだ味わいたい!。

俺は彼女の感触を確かめるように、腰を回し突きまくった!。


「ああっ!うくっ!んんっ!」


身体を縮こませて、ブルブルと震えだした。

だんだん込み上げてきた!。
激しく腰を振った!。


「ああっ!またっ!千夏ちゃん…出すよ!」
「いっぱいちょうだい!」


熱くなった千夏の中に、より深く!奥の方にぶちまけた!。


「くあっ!あはっ!」
「はあっ!熱……くっ!」


ドンッ!。
ビクッ!ビクビクッ!。


また彼女の中で、爆発した…。





それから、時間も忘れて絡み合った。

気が付くと、夕方になっていた。

クタクタになって、ソファに身体を投げ出していた。


「いっぱい出したね」
「千夏ちゃん気持ちよかったよ」


もう俺のは、力をすっかり無くしていた。
まさに、精魂尽き果てたって感じだ。


千夏は起き上がり、俺の小さくなりかけの肉棒をしゃぶってキレイにしてくれた。


「またやらしてくれる?」

「うふふ…」


笑ってごまかされた?。


友人には悪いがハマりそうだった。


そして彼女はいつもの恰好に戻った。
少しけだるそうな顔をして、キッチンへ行き、コーヒーを入れてくれた。


俺はコーヒーを飲んで友人を待たずに帰った。


いつまたできるか、そんな事を考えながら家路についた。





あれから友人とはたまの電話くらいになってしまった。

彼女も以前のままで話しをしてくれる。


バレたかな?。


色々考えていた。

あまりこちらから連絡をしないようにしようと思っていた。



数ヵ月…。


友人からの久しぶりのメールがきた。


あいつにしてはめずらしいなと思い読んだ。


『久しぶり!元気でやってるか?。
連絡なくて千夏も心配してるゾ!。
実は、我が家にもう一人家族が増えました。
それを伝えたくてあえてこちらも連絡しなかった…。ゴメン。
写メ送ります。』

と添付した画像を見た。


男の子だ!。
なになに?。


『PS…色々ありがとうな…久則&千夏』


ありがとう?。


写メを改めて見た!。


目元がなぜか俺に似ているような気がした。


(完)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:人妻・熟女  - ジャンル:アダルト

  1. 2010/01/17(日) 00:00:00|
  2. 人妻&熟女
  3.  | トラックバック:0
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。